ナース

更年期障害は早めに対策する|病院へ相談しよう

睡眠中に起きる呼吸の異常

横になる人

日本人に多い症状

睡眠中に10秒間呼吸が止まり、1時間に5回以上そのような状態がある場合を睡眠時無呼吸症候群と言います。これは睡眠中に気道が狭くなってしまうために起こる現象で、扁桃腺が肥大していたり、気道に脂肪がついている場合に起こりえます。睡眠時無呼吸症候群は、呼吸がそのまま止まってしまうことはありません。ただし、健康上のことを考えると、睡眠障害などさまざまなリスクが発生してしまう可能性があります。睡眠時無呼吸症候群の人は、自分で症状に気付かない場合も多いです。睡眠時間を十分に取ってあるのに眠気をいつも感じていたり、先天性の扁桃腺肥大、そして肥満の人にも疑いが持たれます。家族と一緒に暮らしている場合は家族が気づく場合もよくあるので、症状があるときは早めに対処していく必要があります。睡眠時無呼吸症候群は顎が小さい人に多くあらわれてしまい、日本人特有の骨格が影響しています。患者数は決して少なくはないため、まずは自覚をして治療を受けていくようにしなければいけません。

検査といろいろな治療法

睡眠時無呼吸症候群の治療では、最初に検査を行い診断をしていきます。睡眠中に行う睡眠ポリグラフ検査が一般的で、寝ているときの脳波や呼吸の流れ、そして心電図などを調べていく内容です。これでどのような状態にあるのかが詳しく判断ができるため、治療の方向性も決まっていきます。治療の方法としては、肥満が原因で気道が狭くなっている場合は減量が勧められます。そして扁桃腺肥大は扁桃腺を縮小する手術、状態によっては鼻の手術も効果的です。また、睡眠中に装着できる酸素マスクで呼吸の乱れを防ぐ方法や、マウスピースでも気道が狭くならない工夫ができます。このような治療の方法で睡眠中の呼吸の静止を防ぐことができ、質のいい睡眠が実感できるようになります。